クリスマスローズの花でガーデナーの皆様の笑顔がみたい。東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にあった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売でおもとめください。

2016年3月6日日曜日

クロアチカスダブルを交配親に使ったハイブリッド


鉢サイズはローズポットの7号。
口径21センチの鉢に入ってから3年あまりすぎているとおもいます。

クロアチカスダブルを交配親に使ってハイブリッドのダブルにかけ合わせました。
花のサイズは花粉が出始めた時期で五百円玉サイズ。
花色は深い緑。
内弁の重ねは三重で花の傾きは斜め45度。

ほぼ自分で考える希望の姿で咲いてくれています。

今はまだ一番花が開いたところで、一週間も過ぎないうちに二番花が開き草丈も今より三割くらいは高くなってくれるものとおもいます。

最初の花から時間が過ぎていますので、このまま、この鉢では栽培が出来ません。
鉢土の表面は日々の灌水で崩れていますので立ち枯れ病などが入り込む事が考えられます。
そういうわけで、開花の最中ですが一回り大きな鉢への植え替えが待っています。

花の時期に植え替えを行って大丈夫かと思われるでしょうが春の植え替えは今の時期。
時期が遅くなれば肥培の時間も少なくなってしまいます。
標準的な植え替えを行っていれば痕はそれほど難しい管理はいりません。

花が終わった頃、ほぼほとんどの花が咲き花色が退色した頃に、花茎を軸元から切り取り新葉の生長を促すだけ。

0 件のコメント: