クリスマスローズの花でガーデナーの皆様の笑顔がみたい。東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にあった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売でお求めください。

2018年11月6日火曜日

山アジサイが赤く色着いてきました


山アジサイの葉が秋の深まりを知らせてくれるように赤く色着いてきました。

関東地方の北部から九州地方の山に自生している山アジサイ、一般の園芸店ではあまり見かけることがありませんが、この山アジサイは日本列島で育ち特別なことをしなくても半日陰の庭先で梅雨の季節になると一際、美しく咲いて目を楽しませてくれます。



2018年10月4日木曜日

山堀り原種シクラメン ヘデリフォウムの輸入球根販売開始


今年の秋も、山堀り原種シクラメン、ヘデリフォウムの輸入球根がはるばるトルコからやってきました。

気候のせいか例年より10日ほど遅れて日本に到着し今日からネットショップで販売を開始いたします。

上の写真は一昨年の10月始めに8号の鉢に埋め込み、すぐにピンクの花を楽しみ、一年後の開花期の画像です。

http://www.wakaizumi-farm.com/shop/17.html

お届けする球根のサイズは10センチから12センチ前後、到着しましたら7号くらいの鉢に球根全てを土で埋め込む感じで植えます。
花が咲き始め葉が伸び出してきますので、その頃から翌年の初夏まで施肥を行います。

その後は9月末の開花時期まで施肥は行わずに土を乾かし気味に管理すれば毎年、淡いピンクの花を楽しめるのが原種シクラメンの醍醐味です。


上はお届けする球根の一部ですが全ての球根に花芽があり今にも咲きそうな感じでお客様の基に届くのを待ちかねているようです。

下の画像は庭植えのヘデリフォウムです。
クリスマスローズの株から40センチほど離してヘデリフォウムの球根を埋め込んでみました。

二年目の姿ですがクリスマスローズの葉陰からピンクの小さな花がたくさん、こぼれるように咲いてきています。
ぜひとも短い秋を原種シクラメンの花でお庭を飾ってみてはいかがでしょうか。



2018年10月2日火曜日

神楽坂 パルスギャラリーで松原さんの器展が開催されます

松原さんの器展が10月4日(木)より8日(月)まで
新宿区神楽坂2-21にある神楽坂パルスギャラリーで
開催されます。
http://www.wakaizumi-farm.com/newpage/tougei-hana.html




2018年秋のクリスマスローズ苗販売開始しました

 2018年のクリスマスローズ秋苗の販売を開始しました。

例年に無い猛暑と雨、各地にもたらした台風などの災害、被害は無かったでしょうか。

若泉ファームのオリジナル品種、絹、卑弥呼、シングル糸ピコティはもちろん、各色クリスマスローズの旅立ちの季節です。

珍しいクリスマスローズより、より美しいクリスマスローズを育種してきましたが今年の猛暑もなんのその季節です。

苗の栽培にかんしてはメタボにならない引き締まった苗、十分に根の回った苗、育てやすさを主眼に置いていますのでお客様の願いには叶えられると思っています。

http://www.wakaizumi-farm.com/shop/0.html





2018年7月25日水曜日

クリスマスローズに避暑地の涼しさを



 昨日のテレビのワイドショー。

2100年には日本列島全域の気温が北海道を含めて摂氏40度を超えるようになるとのニュースが駆け巡っています。

一昨日は埼玉県の熊谷で最高気温が41.1度。

人間の体温より4度も高い気温。

学校のプールの水温が32度。
水温が高すぎてプール指導を中止とのニュース。

温暖化対策を地球規模で行わなかった場合とコメントが付いていますが、以前テレビのコマーシャルで「そんなに急いでどこに行く、、、、」そんなフレーズがありました。
今の人間、急ぎすぎて居るんではと思う昨今です。

ところでクリスマスローズの暑さ対策。
土で作られた駄温鉢やテラコッタは鉢側面からの水の蒸発がありますので日陰に置けば問題はありませんが、問題はプラスチックで作られた鉢。

これは少々考えなければ成りません。


どこの家でも、たぶんキッチンに有ると思います。

銀色のアルミ箔。

プラスチックで作られた鉢は銀色のアルミ箔を巻き付けて鉢の内部に熱が入らないようにしてあげると良いかも知れません。

クリスマスローズも避暑地に連れて行かれたと喜ぶかも知れません。

http://www.wakaizumi-farm.com/newpage44.html