クリスマスローズの花でガーデナーの皆様の笑顔がみたい。東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にあった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売でおもとめください。

2015年1月30日金曜日

2月14日 聖バレンタインデー 京成バラ園 クリスマスローズセミナー


2月14日、聖バレンタインデーの日に千葉県八千代市の京成バラ園でクリスマスローズのセミナー【心おどる クリスマスローズの育種の世界】を行います。

セミナーの内容は担当者から任せられていますが、話の内容は主として育種に関してのことを話してくれと言われています。



育種の最新作などを初めて公開するようになると思います。

自身が考えているクリスマスローズの育種、「和の趣」が主なテーマになるでしょう。



それだけでは自慢大会になってしまいますので、やってはいけないクリスマスローズの育て方や楽しみ方などを話してみようと思います。



この原稿を書きながら講演で話をするときの参考にする写真などをCDに落として画像の確認、番号などの整理、以外と準備が必要です。


頑張らなくちゃ。



http://www.keiseirose.co.jp/garden/gardencenter/event/index.html






2015年1月25日日曜日

パソコンにクリスマスローズの壁紙をいかが



http://www.wakaizumi-farm.com/wallpaper6941.jpg


庭の片隅にも、少しずつ春の日差しが差し込んできました。


寒い冬を乗り越え、土の壁をはがし、クリスマスローズの花芽が大きくなってきました。


春一番ももう少しすると南からやってきます。


そう春一番、楽しみの前にパソコンだけでも春のクリスマスローズで飾ってみてはいかがでしょう。


アドレスをクリックし、現れた画像を右クリック、そして壁紙に設定。

2015年1月22日木曜日

クリスマスローズハイブリッドダブル×クロアチクスダブル

 
クリスマスローズハイブリッドセミダブル×クロアチクスダブルです。

10年ほど前に作ったハイブリットの種親にクロアチクスダブルを掛け合わせた種から現れてきています。

花色はグリーン、セミダブルの形は筒型、昨年よりこの組み合わせのクリスマスローズは現れてきていますが、正直同じ花形や色の花の花はなかなか現れてきてくれません。

ダブルになったりセミダブルになったりで人間の気持ちをこんがらせてくれます。

原種を花粉親や種親にしたハイブリッドは組み合わせさえ間違えずに、なおかつ種を数を多くとればどうやらこうにかなります。

しばらく前からクリスマスローズもやっとのこと少しずつ蕾を開いているのですが。
しかし昨日今日のように気温が数度となると花を開かせる気持ちも無くなるのでしょうか。

2015年1月13日火曜日

秋田の故高杉氏由来のヘレボルス・トルカータス



秋田の鹿角市でクリスマスローズの育種をしていた、故高杉氏由来のトルカータスが咲き始めています。

このトルカータスの親はかれこれ10年ほど前に高杉氏から譲り受けていたヘレボルスの原種トルカータスから生まれてきています。

2015年1月10日土曜日

h.croaticus

h.croaticus
クリスマスローズ、ヘレボルスの原種クロアチクスの蕾が昇ってきています。

2015年1月5日月曜日

冬枯れと絹の蕾

 
秋に植え替えした絹の苗。
 
寒さがきつくなると赤茶けた葉が目立つようになります。
 
それと同時に2つの枯れた葉の間から赤い葉芽が顔を出してにこっと笑う。
 
そんな時が至福の時。

 
上の苗から3年、濃いピンクの蕾を寒風に去らせながら立ち上がってくるクリスマスローズ、
 
その中でも絹の蕾の綺麗なことこの上なし。