東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にかなった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売で。

2014年12月14日日曜日

ハイブリットの絹苗 新芽

 発根から約2年、発芽から1年9ヶ月。

初冬の日差しを浴びて新しい芽を伸ばそうとしているクリスマスローズの絹。

まだ、花が咲いてくるまでには2年はかかるだろうが来春に大きく拡がる葉芽を伸ばそうとし始めました。

この苗は、秋に販売した絹の苗と姉妹。

販売が終わる頃に4号のビニールポットに移し替えていて、すでにポットの底から白根が数本、顔を覗かせてくれています。

直売場に遊びに来られたお客様から聞くと、絹を購入した方の中にはポットの土をほとんど落として植え替えてしまったというかたもいるようだ。

ポットの土は自然に落ちるのは別にかまわないだろうが、まだまだ幼い苗、簡単に言うとオムツもとれていない赤子、それがこの苗。

それを無理に植え土をとってしまうと言うことは,オムツまではぎ取ってしまうことになる。
そうなると、この画像のように新芽が顔を覗かせて健康に育つことは難しくなってきて苗は貧弱で、育ちも悪くなること請け合い。

絹の限らず、小さなクリスマスローズの1年苗や2年苗、自分の身になぞらえて扱って欲しいと願うのは今の時代難しいのだろうか。



0 件のコメント: