クリスマスローズの花でガーデナーの皆様の笑顔がみたい。東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にあった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売でおもとめください。

2017年1月6日金曜日

お買い求めていただいた絹に蕾が現れたら

 
 画像は昨秋、販売しました絹の苗との姉妹株ですが、気温が下がってくると夏に出来た蕾が発生してきています。

販売苗は実生発芽満3年から4年生で通常花が咲くのは早くて4年目、実際には5年目の春に綺麗に数多くの花が咲いてきます。

お客様には届きました絹の苗に蕾が現れていましたら、できる限り早めに摘み取ってしまうことをお勧めいたします。

クリスマスローズの中でも絹は初期の生育は非常に遅い反面、いったん勢いが付くと旺盛な生育を見せてくれます。

しかし、その反面まだ株に体力が無い状態で花を咲かせてしまいますと、1作遅れての生育となることがあります。
 
下の画像は実生発芽4年株で6号の鉢に入っています。

早く花を咲かせてみようとするより、あと一年、肥培を重ねて豪華な花をお楽しみいただければと思っています。

0 件のコメント: