クリスマスローズの花でガーデナーの皆様の笑顔がみたい。東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にあった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売でおもとめください。

2016年4月3日日曜日

ニゲルにチベタヌスを交配育種した絹の新葉





ニゲルにチベタヌスを交配育種した絹の新葉の脈に白やピンク色の斑のような模様が入る株が時たま現れてきます。

実生で発芽してから本葉が現れてくると通常の緑色の葉に混じって5~8パーセント程度の確率で現れてきますが、最初は斑と思っていましたがどうも斑としたら入り方が全ての葉。
そして斑入り特有のまだら模様では無く脈に沿った形で出てきます。

上の画像は実生から6年目で春に発生する葉の全てに白い模様が入り、斑入りのクリスマスローズは斑の現れ方が全ての葉に入ることはまれですので、これは植物学を専門に勉強された方に聞いた方がよろしいのかもしれませんね。


実生発芽から3年目を迎えた苗で昨年の秋に販売した苗との姉妹です。

お客様にお届けした時点では春に葉が発生してから半年以上過ぎていますのではっきりとは解らなかったかもしれませんが今頃はこのような模様が現れている株もあるかもしれません。

 

0 件のコメント: