クリスマスローズの花でガーデナーの皆様の笑顔がみたい。東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にあった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売でおもとめください。

2016年2月28日日曜日

春のクリスマスローズ

 2月は今日で終わりかと思っていたら29日まである閏年。
何か得した感じの今日ですが、昼間のハウスの中はサイドを開け広げていても日光が顔を炒るような感じでした。
その陽気につられてか次々とクリスマスローズの花が咲き出してきています。

10年間、育種して作った新しいタイプの花。
FBのヘレボルスのクラブではシェアーも20を超えてヨーロッパの方々に人気も高いようです。
元々、15~6年ほど前に入手したパーティドレス系のダブルとシングルを組み合わせた花の中に少しだけ変化のあった株を親にして作ったものです。
育種の途中で、クロアゲハと呼んでいるパーティドレス系のダブルを組み合わせてみるとそれまでに無いタイプの花が現れてきました。
それがこの花のシリーズになるのですが本格的に花が咲いてくるのは来年の2月。
 池袋のサンシャインでも好評を博したブルーブラックのクリスマスローズ。
小輪タイプと中輪タイプがあります。この花はネクタリーの部分も黒に近い紫色。
赤のバイカラー。
内弁の色は淡いピンク、外弁は赤。
乱れる花が多い中、親に使ったシングルの整形花の性質が大きく表れてくれて整った花形を見せてくれます。

0 件のコメント: