クリスマスローズの花でガーデナーの皆様の笑顔がみたい。東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にあった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売でおもとめください。

2015年11月16日月曜日

卑弥呼 クリスマスローズ シングルとダブル

 「卑弥呼」。
真っ赤な花弁の内側にある雄しべ。
普通はクリーム色の軸に黄色い葯。

このクリスマスローズの雄しべの軸の色はクリーム色ではなく真っ赤な色に彩られている。
何も絵の具をなすりつけて色をつけたわけではなく、自然の状態での赤。
真っ赤な花色に赤い雄しべの軸色、その先の葯の色は黄色。
赤い色を擬人的に表すと女性を意味することが通例と思います。

そんなことからこのクリスマスローズの名前を「卑弥呼」と名付けています。
シングルができたのだから次はダブルと考えるのが育種の掟。

下のクリスマスローズダブルも卑弥呼の血を引いて雄しべの軸色は赤。
しかしクリスマスローズの女神はそう簡単には希望を叶えてくれそうもない。

なぜ、発芽から1~2年の育ちが非常に難しい。

0 件のコメント: