クリスマスローズの花でガーデナーの皆様の笑顔がみたい。東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にあった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売でおもとめください。

2015年6月16日火曜日

愛の花 アガパンサス

 
梅雨の空を彩るアガパンサスの花言葉をご存じですか?。

空色の、むしろ寂しい色のわりには「愛の花」と花言葉をつけられています。

もとは南アフリカの植物ですが日本に渡って来て栽培されるようになりましたが、梅雨の季節に花茎を長く伸ばしてその頂に空色の花を無数につけて鬱陶しい梅雨の季節を爽やかにしてくれます。

いまアガパンサスを植えこんでいる場所は、少しばかり盛り土をした半日陰の場所。

半日陰と言っても、真夏の8月でも5~6時間はお日様が当たる場所です。
土も、植え付ける場所もそう神経質にならずにすむところが良いですね。

植えこんでから6~7年はそのままで良いのですが、それ以上すると成長が良いせいかもしれませんが根本が小山のように盛り上がってきてしまいます。

そうなったら4月頃か、それとも10月頃にほりあげての株分け。

ローメンテナンスでクリスマスローズと同じように和風の庭、また少しおしゃれなバラなどが咲き誇る庭にもお似合いかもしれません。

0 件のコメント: