クリスマスローズの花でガーデナーの皆様の笑顔がみたい。東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にあった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売でおもとめください。

2013年8月19日月曜日

絹 ニゲル×チベタヌス

 
イギリスのアシュウッドナーセリーで開発したのは20年くらい前。

15~6年ほど前に、その交配が成功し花が咲いていると聞き、イギリスで出来たのなら日本でも出来ると考えて始めた。

ニゲルとチベタヌスから出来たのが「絹」。



アシュウッドナーセリーでの名前はピンクアイス。

両方とも、特徴として淡いピンクで和紙のような質感の花、それにはさほど代わりはありませんが花の大きさや花茎の数。

絹の方は株立ちは多いだろう、花の大きさはアシュウッドのそれより小さいだろう。

両方とも発芽から花が咲くまでの期間は速くて4~5年。

それより大きな特徴。

メリクロンのようにはいかないが、実生である程度の量産は可能になったこと。

苗の販売を行うとしても、発芽から約2~3年。

この画像は今年の2月に発芽して約半年になる絹の苗とサンシャインのクリスマスローズ展に飾られた絹の株。 

0 件のコメント: