東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にかなった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。 開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売で。

2015年12月23日水曜日

早く咲いてくるとどんなクリスマスローズも駄目ですね

クリスマスローズのシングル、赤い雄しべの軸を持って咲いてくる卑弥呼です。

駄目ですね。
今年の1月に咲いてきたときとは打って変わって色が出ない。

本来のクリスマスローズは早くても1月に入ってから成人式が話題になる頃からはっきりとした色と形を見せてくれますが、気温の影響などで早く咲いてきてしまうことがまま発生してきます。

ホワイトやピンクなどの色はかなり綺麗に咲く傾向が出てくることがありますが、赤やブラック・パープルなどの濃い色が低温の影響をしっかりと受けないで咲いてくるとクリスマスローズは寝ぼけた色で咲く傾向があるように感じます。

卑弥呼は普通の赤より若干咲くのが早い傾向にあっても暮れの最中だとどうも具合が悪い。

今咲いてきた花は首基からチョッキンして次に咲いてくる花色にかけましょう。

スッキリとした赤で咲いたら種親に。





0 件のコメント: