クリスマスローズの花でガーデナーの皆様の笑顔がみたい。東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にあった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売でおもとめください。

2012年2月15日水曜日

赤いクリスマスローズ

例年に無い寒さでクリスマスローズの開花は著しく遅れています。
仕入れにくる業者はもちろんのこと、直売に来るお客様が育てているクリスマスローズの花も地際で蕾が大きくなっているだけで茎が伸びて花を咲かせていないようです。

夏の気温は高く、その高い気温が12月まで続き、クリスマス寒波と言われるような寒気が入ってきてからテレビや新聞などでご承知の豪雪と寒波。
これでは花も咲かないのが当たり前かもしれません。

この花の色は赤から紫にかけてのパーティドレス系の花。
直売に来られるお客様はビギナーと言うよりかなりのベテラン。
選んでいる花を見るとマスコミなどには踊らされず自分の好みの花を選んでいる。
あのクリスマスローズの花、この色、この花柄と、選んでいくといつの間にか予算をオーバーしてしまう。

その昔の自分を見ているような気になってしまう。

2012年2月7日火曜日

雌しべと雄しべ 花の色、そして柄 蜜管





 クリスマスローズと一言でくるめてしまいますが、カメラのレンズを通して雄しべと雌しべ、そして花色を探ってみますと一花ごとに個性が感じられます。
いささかしつこいほどのベィン、素朴でいつまで見ていても飽きない雄しべと雌しべ。