東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にかなった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。 開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売で。

2017年1月23日月曜日

今日咲いてきた雅


昨年の秋のこと、山野草関係の方と話していて、自分の考えが間違っていないことを少しばかりですが確認できました。

以前、ホームページサイトにも書いたことがありますが、ヨーロッパの人々の考え方はシンメトリー。
それを最も美しい並び方、形と考えているのでは、それとは別に日本人の美的感覚。
ヨーロッパや中国などから古来様々な文物や文化が入ってきましたが、それらを日本人の感性に合うように変えてきた。

つまり諸外国から入ってきたものを自分たちに合うように変えてきた。
変える文化。

クリスマスローズで良く言われる丸弁カップ咲き、美しいことには違いはありませんがよくよく見つめているとなにやら落ち着かないこともしばしば。
ナゼだろうかと思うのですがその丸弁カップ咲きが良いとされることより、むしろそれを変えていくのが日本の文化、感性ではと思うところです。

それは正しいのか間違っているのか。

だいぶ前にAmazonで買って斜め読みしたまま棚にあるロバートフォーチュンの『幕末日本探訪記―江戸と北京』、もう一度じっくりと読んでみたいと思っている。

今日、また雅が咲いてきた。


0 件のコメント: