東京から新しいガーデニングスタイルとクリスマスローズをお届けします。ヘレボルスの育種を行い日本人の感性と自然環境にかなった新品種を育種し生産販売をしています。花とおしゃべりブログでクリスマスローズの育て方や花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方とガーデニングの話題と写真画像をお楽しみください。 開花株と種苗のお買い求めは若泉ファームのクリスマスローズ販売ネットショップと直売で。

2015年10月16日金曜日

クリスマスローズのブラックデス対策の準備

 
花屋さんや園芸店で見かける綺麗な花卉植物も生産している側から
見ると大変な苦労をしています。
 
クリスマスローズが寒い冬の最中から、おはようと咲いてくるのを心から楽しむには
それなりの準備も必要では。
 
クリスマスローズが罹るいくつかの病気、灰色カビ病、炭疽病、ベト病などなどがありますが、
これらは日常のちょっとした注意で防げ治療できる病気。
 
罹ったとしても様々な農薬が発売されていますので、それらの散布などで致命的な被害は無くすことが出来ます。
 
しかし、しかし、ウィルス性の病気、モザイク病やブラックデス。
クリスマスローズが罹るこれらの病気を直す農薬は発明されていませんし、主に昆虫や
作業に使う器具、ピンセットやハサミ、そしてナイフなど。
 
クリスマスローズのごく一般的な作業に、霜が降りる頃に活動が終わった古葉をハサミで切り取る仕事があります。
古葉の細胞にモザイク病やブラックデスのような悪さをするウィルスが侵入していた場合にはハサミから別の株に次々ウィルスが移動します。
 
幾らアブラムシ退治とかダニ退治とか言って農薬を垂れ流していたとしても、肝心の古葉切りなどの時に器具の消毒をしていなかったらウィルス病の、それこそ垂れ流しになってしまいます。
 
もう少しするとクリスマスローズの古葉を切り取ったりする方も多いかと思いますが、ハサミやナイフなどの器具は必ず第三リン酸ナトリウムの溶液で消毒することをお奨めします。
 
 


0 件のコメント: